ダイエットの知識

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 標準体重とBMI(08/06)
  3. 健康的なダイエットとは? (医学的な知識) その3(07/10)
  4. 健康的なダイエットとは? (医学的な知識) その2(07/09)
  5. 健康的なダイエットとは? (医学的な知識) その1(07/08)


スポンサードリンク



ダイエットブログの記事は、ここからです。
          ↓↓↓

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

標準体重とBMI

2008.08.06(06:51)
標準体重とBMI(世界標準の体格指数)
の計算方法を知ったので、載せておきます。
時間があれば自分の体重で計算してみてください。

標準体重 = 身長(m) x 身長(m) x 22

BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

※BMIの判定
 BMI 25以上 肥満
 BMI 18.5以下 やせすぎ
    ↓
 つまりBMIは、 18.5~25 の範囲が理想!


私の場合。。。
標準体重=1.74 x 1.74 x 92 = 66.6 kg
 標準体重までの差は、 92 - 66.6= 25.4 kg

BMI = 92 ÷ 1.74 ÷ 1.74 = 30.3

確実にデブ! と言う結果です。
(ガクリ)

目標 は、 66.6kg !
よーしがんばるぞ~


スポンサーサイト

健康的なダイエットとは? (医学的な知識) その3

2007.07.10(13:28)
医学的な知識で”ダイエット”を科学してみましょう!
シリーズ第3弾。
 
”絶食”って絶対だめ! です。
 
これ知ってる人少ないと思います。
私は中国に住んでいるので、テレビで ”みのもんたさん” が最近どんなことを言っているかよくわかりませんが。。。
 
”絶食”って絶対だめです。
 
なんか、”絶食”するための 道場が日本では人気だ!と聞いたけど、(内容をあまりよく知らないので何とも言えませんが。。。) どうなんでしょうね~
 
”絶食”と言うのは、体内に”飢餓状態”(栄養補給ゼロ状態)を作る事になります。
”飢餓状態”になると体内ではどうなるかと言うと。。。
 
※”健康的なダイエットとは? (医学的な知識) その1” を見直すとさらに理解が深まります。
 
1、血液中の”糖分”がなくなる。
2、蓄えていた”脂肪”を分解して”糖分”を作り出し消費していく。
3、蓄えていた”脂肪”までなくなる。
4、次に栄養が入ってきたら優先的に”脂肪”を蓄えようとする。
5、大して食べていないのに太る。
 
という流れになります。
ように”リバウンドしやすくなる”って事ですね。
 
お金の話で例えると、
体も馬鹿ではないので、貯金(脂肪)を使い果たしてばかりいる状態になると、次に栄養分が体内に入ったとき、優先的に今後のために貯金(脂肪)を蓄えようとします。
 
よって”絶食”=”リバウンドしやすい体”を作る事になります。
 
リバウンドしない健康的でよいダイエット法は、
朝昼晩3食欠かさず食べて、頭をたくさん使って、運動する!
っていう俗に言う”規則正しい生活”をするのがベストと言うことになります。
 
はぁ~ なんか自分で言っててすごく恥ずかしい。。。
いろいろと知ってるけど実行に移せていない”おデブ”な身分で。。。
 
まーみなさんとマイペースでがんばっていきましょう!
 
 

健康的なダイエットとは? (医学的な知識) その2

2007.07.09(13:02)
医学的な知識で”ダイエット”を科学してみましょう!
 
というお話の続き!
 
痩せるには、
エネルギー消費して脂肪を分解すればいい!
って話をしましたが、さらに具体的にお話して行きます。
 
”エネルギー(糖分)”をどうやって一番効率よく使って行くか? が”痩せる”ために一番必要なことになってくると思いますが、一番いい方法ってなんだか知ってます??
 
→”えー、そんなの運動いっぱいすればいいんでしょ?” と思う人が多いと思いますが、違います。
 
体内で一番”糖分”の消費が多いのはなんと!  ”大脳” なんです。
 
ほらよくあるでしょ、すっごい”悩み事”があって、痩せちゃう人。
悩み事があるんだから、ノンキに運動なんかしていないはずなのになぜか痩せちゃうんですね。 あれって、”大脳”がたっぷりと体内のエネルギーを消費しているからなんですね~
 
よって、一番効率のよい方法は、
”頭を使って大脳をフル回転&運動” と言うのが一番糖分の消費が激しい状態になります。
 
つまり普通の人が嫌がる面倒な、”頭使う&運動” という長続きしない事をするのが一番効果があるって事になります。
 
まー普通に現代人している人ならば、
仕事で悩んだり、将来の事を考えたり、、、、と言う感じで頭はたっぷりと使っていると思います。 (しかしさらに 頭を使うための工夫をしてみるともっとダイエット効果があるので意識してみてください)
よって、残るは  ”運動” ってことになりますね。
 
運動すると筋肉がつきますが、これがさらにいい効果が出るんです。
 
”筋肉” のほうが ”ぜい肉” より ”基礎代謝量” が多いんです。
 
つまり、同じ行動をするにしても”筋肉”のほうが、”ぜい肉”よりいっぱい  ”エネルギー消費” してくれるんです。
 
その他運動は、
・(それに対して時間を費やすので)”時間を上手に使う”工夫をするようになる。
・頭がすっきりして集中力アップ。
などなどいい事尽くめ!
 
はぁ~ しかし頭ではわかっていてもなかなかできないもんです。
 
お互いにがんばりましょう。
 

健康的なダイエットとは? (医学的な知識) その1

2007.07.08(12:29)
私が昔日本で働いていたとき、”臨床検査技師”でした。
→知ってます?? 病院で検査をするお仕事です。 (国家資格も持っています。 えへん!)
 
つまり私は、基礎医学から検査のことまでいろいろな  ”医学の知識” があります。
そこで、ダイエットに関する ”医学の知識” をできるだけ簡単にお伝えしますね。
 
まず  ”デブ” に関することです。
 
”デブ”とはどういう状態か?
 
”デブ”とは”過剰な栄養を蓄積した状態 と言い換える事ができます。
 
3大栄養素
1、炭水化物 (糖分)
2、たんぱく質
3、脂肪
 
がありますが、私たちが食べたものは全て ”肝臓” にて 
 
”糖分 (炭水化物)” ⇒ ”脂肪”
”たんぱく質” ⇒ ”脂肪”
”脂肪” ⇒ ”脂肪”
のように全て”脂肪”の状態に作りかえられ体内に蓄えられます。
→”肝臓”は、”体内の化学工場”みたいな感じでしょうか?
 
体を動かすときのエネルギーは ”炭水化物(糖分)” ですが、体内で”糖分”を使いまくると不足してくるため、蓄えていた”脂肪”を肝臓で再度  ”脂肪”⇒”糖分” に作り変えてから使われます。
 
お金に例えると
運動=(お金の)消費
脂肪を蓄える=(お金の)貯金
 
みたいな感じでしょうか?
 
つまり痩せるには、
お金をどんどん使い(エネルギー消費して)、さらに貯金まで使いまくる(脂肪を分解)っていう状態
ですね。
 
逆に ”デブ” と言うのは、
お金を使わず(エネルギー消費せず)、どんどん貯金する(脂肪を蓄える)っていう状態
ですね。
 
 
はぁ~ 頭ではわかっていてもなかなか実行できない。。。
人間は自然と楽なほうに流れるもんだからね~
 
まー気長にがんばりましょう!
| ホームへ |
お気に入りに追加

クリックすると”お気に入り”に追加できます。
↓↓↓


プロフィール

じょんいる弟

Author:じょんいる弟
身長: 174cm
体重: 写真参照
職業: 無職(トレーダーです)
おなか:”金正日(キムジョンイル)”状態
その他:高血圧、腰痛持ち、ぐうたら、出不精、中国在住で中華を食べ過ぎ状態!

リンク集
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
おススメ

日本最大の
美容室 求人
美容院 求人
美容師 求人
サイト掲載料完全無料!
メディアにも多数登場!

スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。